au系格安SIM・格安スマホへのMNPガイド!

au系格安SIMへのMNPを詳しく解説!

あまり通信しない方や、Wi-fi・LINE・SNSなどを上手く使って通信費を抑えるコツを知っている方にとっては、大手キャリアでのスマホ運用はとても損です!

格安SIMに移行すると、ほとんどの方がスマホ料金を節約する事が出来ます。

難しそう!めんどくさそう!というイメージの強い格安SIMへのMNPですが、実際にやってみると驚くほど簡単に手続きが終わります。格安SIMに興味のある方は高額な大手キャリアにはさっさと見切りをつけて、格安SIMに移転しちゃうのが賢い節約方法ですね。

au系格安SIMとは?

格安SIMは通常大手キャリアの回線を借りて通信を行っています。

au系格安SIMとは、au回線を使ってサービスを提供しているMVNO(格安SIM)の事です。

格安SIMって何?という方は以下の記事をお読み下さい。

⇒格安SIM・MNPについて

現在au系格安SIMを提供しているのは、mineo(マイネオ)UQ mobileになります。

厳密に言うと他にもau回線を使用しているMVNOはありますが、現時点ではまだ信用に足る会社なのかが判断出来ませんのでこのサイトではmineoとUQ mobileについて取り扱っています。

au回線を使用している代表的な会社が2社しかないのが少し寂しいですが、au系格安SIMの特徴として他の格安SIMに比べると、サービスの質がとても高い事が挙げられます。

その年の優れたMVNOを選ぶ目的で開催されている格安SIMアワードでは、2015の総合部門でmineo・UQ mobile共に同率2位を獲得しており、どちらのSIMも満足度はとても高いです。

ですので、au系格安SIMはどちらを選んでも失敗という事はないでしょう。

mineo(マイネオ)とは?

mineoロゴ

mineoとは関西電力傘下のケイ・オプティコムが行っているサービスです。

ケイ・オプティコムは関西で有名なインターネット回線サービスeo光などを行っているため、通信サービスについても信頼が持てる事業者です。

ユーザーと一緒に楽しみながら作り上げていくというユーザー目線の格安SIMという方向性を掲げており、とても便利でユニークなサービスを提供しています。 また、問題が起きた時の情報提供がしっかりしており、問題を解決するのが素早い印象です。

⇒http://mineo.jp/

UQ mobile(ユーキューモバイル)とは?

UQ_logo03

UQ mobileとはUQコミュニケーションズの行う電気通信事業サービスです。

UQコミュニケーションズはKDDIグループ(au)を親会社に持つサービスですので、その安心感はとても高いです。 また通信速度とその安定性にとても力を入れており、通信の速さについては他の格安SIMと比べ群を抜いています。

⇒http://www.uqwimax.jp/

どちらも聞いたことがないから何だか不安という方もいらっしゃいますが、mineo・UQ mobile共に大手企業の行っているサービスになります。 いきなり倒産して通信が出来なくなるといった可能性は限りなく低いので、その点については心配はいらない思います。

mineoとUQ mobileの違いについて

では次に、この二つの格安SIMの違いを見ていきたいと思います。

mineoとUQ mobileの通信速度について

格安SIMの通信速度は各社バラバラで、良くないSIMを使うと通信速度が遅すぎてスマホを使って何をするにもイライラするといった状態に陥ってしまいます。

mineoとUQ mobileの通信速度についてはどちらのSIMも早い部類です。

特にUQ mobileは全ての格安SIMの中でも飛びぬけて安定した通信速度を保っています。

通常格安SIMは通勤通学時間や昼休みの時間にアクセスが集中して速度が落ちる事があります。しかし、UQ mobileだけはこの速度低下をほとんど感じる事がなく使用する事が出来ると言われています。

昨年末に初めて通信速度が落ちたとの報告もありますが、現状でも快適にスマホを利用できる通信速度は保っています。

格安SIMアワード2015でも通信速度部門で1位を獲得するなど、通信の速度や安定性については今のところUQ mobileが優位です。ちなみにmineoも通信速度部門では3位に入っており決して遅くはありませんが、やはり通信速度に関してはUQ mobileが圧倒的に安定しています。

⇒UQ mobileの詳細についてはこちら

↓UQ mobile公式サイトはこちら↓
⇒http://www.uqwimax.jp/

mineoとUQ mobileのサービス内容について

mineoとUQ mobile共に、

  • Web上での即日MNPに対応している
  • 050で始まるIP電話サービス
  • 余ったデータ容量の繰り越しサービス
  • 通信速度を押さえてデータ容量を抑えるアプリサービス
  • 通話プランは無料でSMSが使用できる

などのサービスを行っておりどちらも不便を感じる事はありませんが、mineoはこの他にも革新的なサービスを行っておりサポートも充実しています。

またmineoはau回線だけではなく、docomo回線の使用も選ぶことのできる格安SIM業界でもめずらしいマルチキャリアです。

mineoではユーザー同士が楽しんで繋がる事を考えられているので、見ず知らずの人と余ったパケットを分け合えるサービスなどに力を入れています。フリータンクという余った容量を皆で共有できるサービスもありますので、毎月1GB程度の容量なら上乗せして使うことができます。

また、マイネ王というmineoユーザーとmineoスタッフが交流できるコミュニティーサイトも運営されており、何か問題が起きた時の対処などはとても素早いです。

これらの事からサービス内容についてはmineoに軍配が上がります。

⇒mineoの詳細についてはこちら

↓mineoの公式サイトはこちら↓
⇒スマホの料金をグッとオトクにするmineo【キャンペーン実施中!】

mineoとUQ mobileの料金プランは?

では次に2つの格安SIMの料金プランについて見ていこうと思います。

mineoの料金プランについて

まずはmineoの料金プランですが、mineoではaプラン(au)とdプラン(docomo)があり通信回線を選ぶことが出来ます。次にデータ通信のみを行うのか音声通話も必要なのかを選択し、最後にひと月に必要なデータ容量を決めます。

mineo月額基本料金 aプラン(au)
データ容量 500M 1GB 3GB 5GB 10GB
シングルタイプ
(データ通信のみ)
700円 800円 900円 1,580円 2,520円
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円
mineo月額基本料金 dプラン(docomo)
データ容量 500M 1GB 3GB 5GB 10GB
シングルタイプ
(データ通信のみ)
700円 800円 900円 1,580円 2,520円
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

wi-fiを上手く使用したり、外で高画質の動画などを見ない場合はひと月のデータ容量は3GBもあれば十分です。500MB→1GB→3GBと100円ずつしか変わらないため、コストパフォーマンスの面からも3GBの契約が一番人気があるようです。

またmineoでは1GBで契約した場合に、初月は1GBの容量がプレゼントされ合計で2GBのデータ容量を使用する事が出来ます。後からデータ容量を変更する場合については手数料がかからないため、まずは1GBで契約をしてみて、自身のデータ容量の使い具合を確かめてからプラン変更するのも賢い手だと思います。

UQ mobileの料金プランについて

次にUQ mobileの料金プランですが、UQ mobileの料金プランはいたってシンプルです。まずデータ通信のみなのか、音声通話も必要なのかを決め、次にデータ容量を決めます。

UQ mobile月額基本料金
データ容量 3GB 無制限
データ通信のみ 980円 1,980円
データ通信+音声通話 1,680円 2,680円

データ容量は3GBで足りるのかを確認して、月々のデータ容量が3GBで足りない場合は無制限のプランを選択するといういたってシンプルなプラン編成です。

ここで注意するのは3GBまでのデータ高速プランと無制限プランは通信速度が違うという事です。

データ高速プランの通信速度は受信最大150Mbpsですが、無制限プランの通信速度は最大500kbpsです。(1Mbps=約1000kbps)

データ高速プランの150Mbpsは理論値ですので実際にはこれほどの速度は出ませんが、スマホで快適に通信を行うには最低1-2Mbpsの速度が必要と言われており無制限プランはこの速度には達していませんので、無制限プランを選ぶ際はこの点に注意しましょう。

またこの他に、UQ mobileでは2016年2月よりデータ通信+無料通話+端末購入費が一体となった「ぴったりプラン」サービスが始まりました。

⇒ぴったりプランの詳細はこちらから


大量にデータ容量を使用しない場合は、料金的にはmineoのほうが安いです。また、mineoではユーザー間でデータ容量を無料で分け合えるサービスがありますので大量のデータ通信を行わないならmineoのほうが断然お得です。

逆に大量のデータ容量が必要だという方は、速度については少し落ちてしまいますがUQ mobileの無制限プランがお得だと思います。

mineoとUQ mobileどっちがおススメ?

本当は二つのSIMの内こっちがおススメです!と紹介したいのですが、残念ながらこの2つの格安SIMはどちらも甲乙つけがたいです。

最初にお伝えした通りmineo・UQ mobile共に利用者の満足度がとても高いため、どちらのSIMを選んでも失敗という事はありません。

しかし、サービスの内容や特徴については明らかな差があるので、サービスの質の違いに注目して、ご自分のライフスタイルに合うほうを選ぶといいですね。

最近の調査によると、現在大手キャリアでのスマホ利用者の平均月額は7,000円程度のようです。対する格安SIMの利用者の平均月額は2,000円程度と、その利用料金には約5,000円の違いがあります。

⇒スマートフォンの平均月額について(MMD総研)

しかし、大手キャリアのサービスが格安SIMより5,000円分上回っているのか?と問われると私はそれほどサービス内容に違いは感じられません。むしろ、格安SIMにMNP転入してみて「大手キャリアを使っていた時は損していたな~」と感じるようになりました。

格安SIMを使用すると、仕事で長い時間通話をする人を除くとほとんどの人がスマホ料金を節約する事が出来ます。

スマホの料金が高すぎて馬鹿らしいと感じている方や、通信費を出来るだけ少なく抑えたいとお考えの方は、なるべく早く格安SIM・格安スマホへの移行してしまう事をおススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする